TOKYO CRAFTS & DESIGN

小紋チーフ 常盤緑×瓶覗

Handkerchief
Handkerchief

(税込)

アパレルAPPAREL

江戸のさりげない遊び心を
現代のお洒落に

贅沢品が禁じられていた江戸時代、さりげないお洒落を愉しむため、武士の着物に用いられるようになったという「江戸小紋」柄のチーフです。「江戸小紋」は、遠目には無地に見える細かな模様が特徴。縁起のいい柄として町人たちの着物に用いられた「いわれ小紋」の柄を合わせて、2色の伝統色で染め上げました。

2種類の伝統色の組み合わせと
柄が持つ意味を楽しむ

「常磐緑」は、クリスマスツリーで知られる柊に近い色で、神事に用いられたことから、神聖な意味合いが込められています。柄である「菊唐草」は、皇室でも使われている高貴な柄である菊模様と、長らく日本人に愛されている唐草模様が合わさったもの。藍染めのもっとも淡い色である「瓶覗(かめのぞき)」は、藍瓶を除いた程度にちょっとだけ染めた、という意味。「菱」柄は古くからある日本の柄で、菊と組み合わせることで気品のある模様として用いられてきました。

幾通りもの表情見せる
やわらかなシルクの肌触り

デザイナーの南出優子によるデザインを、明治のはじめから約130年もの歴史を誇る「富田染工芸」五代目の富田篤が、色の調合から染色まですべて手作業で仕上げました。素材には、着物の高級裏地にも使用される「羽二重」を使用。光沢感のあるシルクのやわらかな肌触りと、折るごとにさまざまな表情を見せる伝統柄の組み合わせをお楽しみください。

BRANDS

TOKYO CRAFTS & DESIGN

「うつくしき東京の手仕事を未来へつなぐ」
長い年月を経て育まれてきた東京の伝統工芸。
その伝統の中に生きる職人と、伝統を現代に活かそうとするデザイナーが協働し、「未来の伝統」となる工芸品の誕生を、東京都美術館がプロデュースしました。
東京都美術館から日本へ、そして世界へ。
東京から発信する新たなムーブメントが起こることを期待しています。