TOKYO CRAFTS & DESIGN

切子の指輪 篭目

Ring
Ring

(税込)

アクセサリACCESSORY

伝統技法が削り出した
ガラスそのものの美しさを感じる指輪

伝統的な江戸切子の技術が用いられたガラスの指輪です。インテリア・プロダクトデザイナーの小宮山洋がデザインを手掛け、江戸切子の伝統を継ぐ三代目・堀口徹の職人技術によって、シンプルで美しい指輪に仕上げました。

伝統的な日本の柄を
ミニマルに刻んだガラスの指輪

「篭目」は、古くから魔除けを効果があるとされていた模様を、ミニマルな線で表現。伝統工芸を身近に感じことができるアクセサリーとしてお使いください。

素材:リング/シルバー 切子部/ガラス
Made in JAPAN

トウキョウの伝統を
未来へつなぐ作り手

工房:株式会社堀口切子
初代秀石の孫として生まれ、二代目秀石に師事、三代秀石の名を継ぎ、堀口切子を設立した江戸切子作家・堀口徹さん。江戸切子とは、およそ180年続く伝統的工芸品で、縦、横、斜めにカットする精緻な文様や色被せガラスが主に知られています。堀口切子が提案するのは、伝統的な江戸切子をベースに現代的な要素を掛け合わせた、シンプルモダンなうつわ。そのものの佇まいはもちろん、飲み物を口にする時に覗く見込みも美しい作品です。

職人:三代 秀石 堀口 徹
デザイナー:小宮山 洋

BRANDS

TOKYO CRAFTS & DESIGN

「うつくしき東京の手仕事を未来へつなぐ」
長い年月を経て育まれてきた東京の伝統工芸。
その伝統の中に生きる職人と、伝統を現代に活かそうとするデザイナーが協働し、「未来の伝統」となる工芸品の誕生を、東京都美術館がプロデュースしました。
東京都美術館から日本へ、そして世界へ。
東京から発信する新たなムーブメントが起こることを期待しています。


FEATURED

ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び
ミュージアムショップの
オリジナルグッズができました。