TOKYO CRAFTS & DESIGN

漆硝子文鎮 七宝 黒

Letterweight
Letterweight

(税込)

ステーショナリーSTATIONARY

二つの伝統工芸が出会った
美しい文鎮

光学硝子に漆塗りを施し、切子の技術で模様を描いた文鎮です。明治32年の創業から続く東京錦糸町の老舗のガラス工房「廣田硝子」の職人技術と、福島の会津漆の技術が出会い、美しい文鎮に仕上げることができました。文具としてお使いいただけるのはもちろん、棚や机に飾るオブジェとして、日本の伝統工芸の美しさを感じていただければと思います。

上品な漆の色と
光の屈折を楽しむ

光学硝子は、混じり気のない透明性と美しい光の屈折が特徴です。光が射し込めば、切子の柄を通して複雑に屈折し、独自の輝きを見せます。漆にしか出せない色彩が持つ気品と、見る角度によって万華鏡のように表情を変える様をお楽しみください。

素材:光学ガラス、漆
サイズ:幅18×奥行3×高さ3cm
本体重量:0.185(kg)
Made in JAPAN

トウキョウの伝統を
未来へつなぐ作り手

工房:廣田硝子株式会社
明治32年創業。東京で最も古い硝子メーカーの一つである廣田硝子は、お菓子問屋の多かった錦糸町エリアで、菓子器やランプシェードなどを作っていました。脈々と受け継がれる職人の技と、戦前から社内に伝わるデザインや、異素材との組み合わせなど毎日の食事を美しく演出する新しい提案を掛け合わせ、日本人の生活に寄り添う硝子製品を生み出し続けています。

職人:廣田 達朗
デザイナー:藤本 英子

BRANDS

TOKYO CRAFTS & DESIGN

「うつくしき東京の手仕事を未来へつなぐ」
長い年月を経て育まれてきた東京の伝統工芸。
その伝統の中に生きる職人と、伝統を現代に活かそうとするデザイナーが協働し、「未来の伝統」となる工芸品の誕生を、東京都美術館がプロデュースしました。
東京都美術館から日本へ、そして世界へ。
東京から発信する新たなムーブメントが起こることを期待しています。


FEATURED

ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び
ミュージアムショップの
オリジナルグッズができました。